単身赴任みちのく日記

(当時)(^^ゞ 51歳 初めての単身赴任。赴任先は青森県三沢市。(みちのく編⇒遠州編⇒陸前編⇒出雲編⇒みちのく編に戻る)             お酒は好きだけど料理作りはまるでダメ。そんな男が無事家族の元に帰れる日は・・・果たして来るのだろうか??

今夜のディナー (自宅ご飯 4) 

1011ディナー1
シビックセンター の帰り道、

今夜どうする?


何か美味しいものを食べようか!?

と言う 外食 も考えたのですが、

やっぱ、最後は 内飯 にしようと

ジョイ本牛バラ肉 生ラム

購入しました。







1011ディナー
最後の夜に

かんぱ〜い!!


くぅ〜〜〜〜〜〜〜



旨いです、特に今夜は!!








1011ディナー2
サッパリとした 箸休め

充実しています。







1011ディナー3
左側 の2枚が 牛肉

右側 3枚が ラム肉 です。




俺とよめラム派 なのですが、

ひめ様 はラムは苦手で 牛肉 がいいそうです。



ラム肉は ジョイ本 以外は

たまにしか手に入りません。


独特の香り がありますが、

柔らかくてヘルシーで

旨いんです!!






1011ディナー4
ラム肉 にコチュジャンと豆板醤を塗り

サニーレタスで巻いて頂きます。


チョー旨いです。






1011ディナー5
煙の出ない セラコール という

焼肉プレートを使っています。



いろいろ利点はあるのですが、

ラム独特の香りは

24時間換気のリビングでさえ

翌日まで残りました。




今夜のディナー

焼肉と酒と堪能しました。


そうそう、レンタルの映画も見たね!!





スポンサーサイト

シビックセンター@日立市 その4  

1011シビックセンター
が降ってしまいました。



ひめ様 が出場する地区の 運動会

中止 と言うことで、

日立市シビックセンター

やって来ました。



午後からは、

雨も何とか上がり

ひたち秋祭り は開催されました。







1011シビックセンター1
お目当ては、天空劇場



それまで、科学館 で遊びましょ!


これは、モーメントマシン です。


手を伸ばすと回転が速くなり

縮めると回転が遅くなります。






1011シビックセンター2
これ、白と黒の円盤なのですが、

回転させると虹色に見えます。

写真に撮っても見えるんですねぇ〜



この現象は、

サーフェイス と言って

物体を早く回すことで

光がいろいろな色に分解されて

見えるそうです。








1011シビックセンター3
ジャイロハンドル です。



傾けた方向に垂直の力がかかり下の

ターンテーブルが回転します。



自転車もカーブで体を傾けると

自転車の車軸も傾いて

自転車は体を傾けた方向に自然に曲がることが

出来るのもこのジャイロ効果です。







1011シビックセンター4
たのしくつくろう!工作コーナー では、


好きな色と香りをつけて、オリジナルの 芳香剤 を作りました。







1011シビックセンター5
TVの番組でもありましたねぇ〜


いらいら棒 です。


自分は、けっこういい成績でした。






1011シビックセンター7
こちらも有名な エイムズの部屋 です。

中に入ると3面とも傾いています。



部屋のとある場所に穴をあけそこから

のぞいてみます。(その画がモニターに映し出されています。)




片目で遠近感が正しく認識できていない人間の視覚は、

床に対して垂直に正方形の壁が見えるのであるから、

床は水平であり正常な部屋だと錯覚を起こします。



結果、エイムズの部屋が歪んでいると認識することができないのです。



従って、この部屋に同じ大きさの対象物を両端に置いた場合、

距離の違いから大きさに差がますが、

部屋の錯覚により対象物自体の大きさが違うと勘違するのです。



ふ〜ん、よく分からん!







1011シビックセンター9
優等生のアリーと落ちこぼれのデューイは、

ひょんな事から恐竜たちが生きた古代へタイムスリップしてしまいます。

そこは、超大陸「パンゲア」。

二人はこれから始まる大陸分裂の謎に迫ります。


表情豊かなクレイ人形のアニメーションです。







1011シビックセンター8
宇宙へと飛び立った小惑星探査機「はやぶさ2」の機体やミッションの紹介、

「はやぶさ」から「はやぶさ2」へと続いてきたドラマを、

高画質なCGで映像化しています。






多くの"世界初"に挑戦した「はやぶさ」の感動巨編は

映画にもなりましたね。



「はやぶさ2」は、「はやぶさ」と同様に

小惑星からの物質を地球に持ち帰る サンプルリターン・ミッション ですが、

探査する小惑星が異なります。



「はやぶさ」が探査した イトカワ はS型と呼ばれる岩石質の小惑星でした。

「はやぶさ2」が目指すのは 1999 JU3 というC型の小惑星です。



平成27年10月5日小惑星探査機「はやぶさ2」が目指す小惑星1999 JU3の名称が

「Ryugu」(リュウグウ)に決定しました。



ちなみに帰国は 2020年 だそうです。







FC2Ad