単身赴任みちのく日記

(当時)(^^ゞ 51歳 初めての単身赴任。赴任先は青森県三沢市。(みちのく編⇒遠州編⇒陸前編⇒出雲編⇒みちのく編に戻る)             お酒は好きだけど料理作りはまるでダメ。そんな男が無事家族の元に帰れる日は・・・果たして来るのだろうか??

ライラックの軌跡@浜松市博物館 

0920ライラック
ライラック というバイクの展示を

行っているということで、

浜松市博物館 にやって来ました。






0920ライラック16
ものづくりの街 浜松 は、

太平洋戦争終了後 オートバイ製造 が急速に発展し、

多くの オートバイメーカー が設立、

やがて短期間の間に姿を消していきました。











0920ライラック1
戦前に 本田宗一郎 が経営していた「アート商会浜松支店」で

働いていた 伊藤正 は、

独立して、戦後 二輪車製造 の研究を開始しました。









0920ライラック2
伊藤は、社名を「丸正自動車製造」とし、

本田宗一郎の 本田技研 異なる構造 のオートバイ製造を念頭に置き、

チェーンの無い シャフトドライブ のオートバイを開発しました。




シャフトドライブのメリット・デメリットはいくつかありますが、

BMWを始め大型バイクでは現在も乗り継がれています。







0920ライラック7
昭和26年(1951年)には、

本格的にライラックMLやLBの生産を開始し、

昭和30年(1955年)に 第1回浅間高原レース 優勝 して、

ライラック の名声を高めましたが、

昭和42年(1967年)には会社が倒産し、

ライラック は製造されなくなりました。













0920ライラック8
今回の展示では、

オートバイ産業 が熾烈を極める中で、

伊藤正が立ち上げ、

独特なオートバイ製造で人気を集め、

そして終止符を打った丸正自動車製造の歴史と ライラック の名車を、

ライラックの友の会 のご協力をいただき展示したものです。








0920ライラック9
1948年設立、1967年に倒産した丸正自動車。






0920ライラック10
第1回浅間火山レースでホンダを抑え

優勝したライラック ウインナーSYを世に送り出したメーカーです。




その後数々の名車を世に送り出すも、


時代の波に飲まれ日本の2輪史から消えていきました。








0920ライラック11
ライラック友の会 は、

前例のない倒産したメーカーのファンクラブとして

1976年に結成されました。



よく見て下さい。

このモペット片サスです!!






0920ライラック12
このハンドル形状、

カッコイイ〜〜






0920ライラック13
国産のバイクメーカーは

ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキですが、

(カワサキ以外は浜松市で創業です)



ライラック以外にもメグロとか陸王などの

バイクがあったという記憶は年配の人は

あると思います。







0920ライラック15
族車みたいな

カラーリング ですねぇ〜




当時は35社のオートバイメーカーがあったそうです。

戦後の庶民の足となったんですねぇ〜




展示されている ライラック のほとんどは

ちゃんとエンジンがかかり

許可を取ったうえで

ツーリング も行っているそうです。




素晴らしい趣味ですねぇ〜













スポンサーサイト

10月21日 水曜日

1021朝
おはようございます。


今日も穏やかな1日でした。




ところで・・・

2015年10月21日は、


1989年に公開された『バック・トゥ・ザ・フューチャー 2』で、

主人公マーティがタイム・トリップした30年後のその日です。


21480511.jpg



ナイキでは、自動でヒモが締まるナイキ製シューズを今年度に発売予定です。

グーグルでは、眼鏡型コミュニケーションツールを発売。

iPadなどのタブレット型コンピューターも発売されました。




ゲームの世界でも実現していますし

3Dムービーもそうですね。

ビデオ会議も実現しました。




ホバーボードも

最近、どこかの企業で開発されました。



日本時間では正確には22日の午前8時29分だそうです。



SFって大好きですが・・・






スティーブン・ホーキング博士は、人口知能に対して

警告を鳴らしています。



映画「ターミネーター」のようには

なってほしくはないですね!!







FC2Ad