単身赴任みちのく日記

(当時)(^^ゞ 51歳 初めての単身赴任。赴任先は青森県三沢市。(みちのく編⇒遠州編⇒陸前編⇒出雲編⇒みちのく編に戻る)  お酒は好きだけど料理作りはまるでダメ。そんな男が無事家族の元に帰れる日は・・・果たして来るのだろうか??

3月31日 木曜日 

0331朝
おはようございます。


今日も暑いくらいでした。



今日で3月も終わりですねぇ〜

明日からは2016年上期が始まります。





ところで・・・


■「しょっぱい物」と「やわらかい物」も万人がおいしいと感ずる


という記事に目が止まりました。




多くの人は、

タンパク質と糖質と脂質の3つを含んである食べ物を

「おいしい」と感ずるそうです。



実はこの3つ以外にも、

多くの人が「おいしい」と感ずる物が2つあります。


それは「食塩」と「やわらかい食べ物」です。



食塩(中のナトリウム)は、

ヒトの体液(血液や細胞液)濃度のコントロールに欠かせないですね。


食塩を絶やしてはならないのは常識です。



今でこそ食塩はきわめて安価に入手できますが、

かつては、

手に入れることができなかった

貴重な物でした。


したがって、

「塩を見つけたら優先的に体内に取り入れる仕組み」

=「食塩をおいしく感ずる能力」を

身につけたに違いないということです。




だから、

食塩は「だれにとってもおいしく感ずる」成分なのです。

つまり、しょっぱい物はみんなが好き、なのです。




物質ではないですが、


もう一つ「万人がおいしいと感ずる」要素としてあげることができるのは

「やわらかさ」です。


ヒトはなぜ「やわらかい物」をおいしく感ずるように進化してきたかというと、

ヒトの歴史は「飢餓の歴史」です。




食べるのに時間がかかったら、

他人(他の動物)に奪われる可能性が高くなりますよね。


もし、含まれる栄養成分が同じで「やわらかい物」と「かたい物」があれば、

やわらかい物から先に食べるほうが生存に有利です。




かくしてヒトは柔らかい物を好んで食べるようになった(に違いない)。

やわらかい物も、みんなが好き、ということになるということです。




たとえば、カツ丼は豚肉・油脂・ご飯・食塩を含んでいる。

最近ではやわらかい豚カツが乗っているほうが人気が高いという。

牛丼、ハンバーガー、カレーライス、スパゲティ、ピザ、ラーメン、天ぷらうどん・・・

多くの人が好む食べ物は、

すべて「旨い」「甘い・脂肪が多い」「しょっぱい」「やわらかい」の

4つ(少なくとも3つ)を持ちあわせてある。






納得です!!









スポンサーサイト

FC2Ad