単身赴任みちのく日記

(当時)(^^ゞ 51歳 初めての単身赴任。赴任先は青森県三沢市。(みちのく編⇒遠州編⇒陸前編⇒出雲編⇒みちのく編に戻る)  お酒は好きだけど料理作りはまるでダメ。そんな男が無事家族の元に帰れる日は・・・果たして来るのだろうか??

サンファン・パーク@石巻市渡波 

0605サンファン
石巻市渡波 (わたのは)の

サンファン・パーク にやって来ました。


市内でも1・2の観光地です。




万石橋を渡り 牡鹿半島

付け根にそこは

あります。







0605サンファン1
サンファン・パークって?




正式には、

サン・ファン・バウティスタパーク といい、

慶長使節が訪れたイタリア式庭園をモチーフとした公園で、

毎年5月下旬の土日には、

サン・ファン・バウティスタの誕生日(進水式の日)を記念して、

サン・ファン祭りが開かれます。
  


無料の駐車場で車を駐めます。


円形ステージがあり

飲食店もあるブースに

寄ってみました。







0605サンファン2
キレイな 公園 です。




芝生は青々し

海も見えます。



館内に入らなければ

駐車場も含めて

無料です。\(^O^)/








0605サンファン3
上から船を見下ろすのも

無料ですよ。




下のドックに繋がれているのが、

宮城県慶長使節船、

サン・ファン・バウティスタ号 です。









0605サンファン4
入場料は通常の半額の350円です。



実は、サン・ファン・バウティスタ号は

先の大津波襲来と経年劣化により

安全確保のため、

乗船とドック棟への立入が

中止となっています。








0605サンファン5
宮城県慶長使節船ミュージアム(愛称サン・ファン館)は、

「慶長使節」の歴史的偉業を、

ロボット・シミュレーション装置・コンピュータ・映像・

グラフィックパネルなど様々な手法で、

わかりやすく紹介するとともに、

サン・ファン・バウティスタと帆船の知識を

楽しく学ぶことができる施設です。








0605サンファン6
今から約400年前、

仙台藩主伊達政宗の命を受け、

石巻市月浦(つきのうら)から出帆した

支倉常長(はせくら つねなが)ら

慶長使節の偉業や大航海の様子を、

展示や映像などを通して紹介しています。









0605サンファン7
伊達さん が仕掛けているそうです。









0605サンファン8
伊達政宗

スペイン人ビスカイノと

幕府船手奉行の指導、協力を得て

サン・ファン・バウティスタ号 を建造しました。




造船に必要な材木は、

すべて仙台藩領から切り出し、

外板や甲板に使用しました。








0605サンファン9
船名の由来ですが、

スペイン人ビスカイノ一行と

伊達政宗公の江戸市中での出会いの日(1611.6.24)が、

洗礼者聖ヨハネの祭日 に当たっていたことから

命名されたものと推定されます。








0605サンファン10
当時建設に使われた

道工具 なども展示されています。








0605サンファン11
それらのいきさつを語る

ショートフィルムも

見ることができます。




※40人ほどの劇場でしたが・・・ 独りぼっちでした。







0605サンファン12
エレベーターでデッキまで

降りてきました。



サン・ファン・バウティスタ号


復元船です。








0605サンファン13
当時は 大航海時代 だったそうです。


ルフィー とその仲間達は

船を作り

メキシコ経由ローマまで

行ったそうです。


※一部事実と違うところがありました。(爆)







HP:サン・ファン館













スポンサーサイト

FC2Ad