単身赴任みちのく日記

(当時)(^^ゞ 51歳 初めての単身赴任。赴任先は青森県三沢市。(みちのく編⇒遠州編⇒陸前編⇒出雲編⇒みちのく編に戻る)  お酒は好きだけど料理作りはまるでダメ。そんな男が無事家族の元に帰れる日は・・・果たして来るのだろうか??

瑞鳳殿@仙台市青葉区

0710瑞鳳殿
青葉区の 瑞鳳殿(ずいほうでん)

やって来ました。







0710瑞鳳殿1
瑞鳳殿 は1636(寛永13)年、

70歳で生涯を閉じた仙台藩祖 伊達政宗公 の遺命により、

その翌年ここ経ケ峯に造営された 霊屋(おたまや) です。



瑞鳳殿は、本殿、拝殿、御供所、涅槃門からなり、

桃山文化の遺風を伝える豪華絢爛な廟建築として1931(昭和6)年、

国宝に指定されましたが、

1945(昭和20)年の戦災で惜しくも焼失しました。








0710瑞鳳殿2
現在の建物は

規模、装飾ともに、

焼失以前の瑞鳳殿を範とし、

1979(昭和54)年に再建されたものです。



平成13年(2001)に、

仙台開府四百年を記念して大改修工事が実施され、



柱には彫刻獅子頭を、

屋根には竜頭瓦を復元し、

創建当時の姿が甦りました。








0710瑞鳳殿3
きらびやかな 宝飾 がされていますね。

絢爛豪華 と言う言葉がピッタリです。





徳川家康公が眠る日光東照宮を

意識しているのかも?







0710瑞鳳殿4
伊達政宗公 の遺骨等はその後発掘され

近くの資料館では

伊達政宗のレプリカが展示されています。


鼻筋の通ったいい男でしたよ。



身長は遺骨の学術的調査から

身長は159.4cm(当時の平均的身長)であることや、

遺骸毛髪から血液型がB型であることが判明しています。







0710瑞鳳殿5
それでは、

伊達政宗の霊屋(おたまや)を後にし

二代藩主伊達忠宗公

三代藩主伊達綱宗公 の霊屋に

向かってみましょう。







0710瑞鳳殿6
幻想的な風景ですね。







0710瑞鳳殿7
感仙殿(かんせんでん)

二代藩主 伊達忠宗公 (1599~1658)の霊屋であり、

瑞鳳殿と同等の華麗なものでしたが、

明治初年に本殿を除いて取り壊され、

残った本殿も昭和20年の戦災で焼失しました。


現在の霊屋は瑞鳳殿に続いて再建が進められ、

昭和60年に完成したものです。








0710瑞鳳殿8
善応殿(ぜんのうでん)

三代藩主 伊達綱宗公 の霊屋で、

感仙殿と同様に造営されましたが、

感仙殿同様に消失し

復元されました。







0710瑞鳳殿9
日光東照宮の1/10の規模だと何かに書いてありましたが

天下人を目指した

独眼竜 伊達政宗

権力を知らしめるには

十分だと思います。




HP:瑞鳳殿







スポンサーサイト

8月 5日 金曜日

0805朝
おはようございます。


今日も暑かったです。

けど、事務所はエアコンが

効き過ぎだって!!



やっと週末になりました。

いっぱい遊びましょう!!






0805ひまわり
タマホテルの駐車場脇で

見つけました。



夏ですねぇ〜!!





FC2Ad