単身赴任みちのく日記

(当時)(^^ゞ 51歳 初めての単身赴任。赴任先は青森県三沢市。(みちのく編⇒遠州編⇒陸前編⇒出雲編⇒みちのく編に戻る)             お酒は好きだけど料理作りはまるでダメ。そんな男が無事家族の元に帰れる日は・・・果たして来るのだろうか??

割烹 千代@山口県萩市

0115千代
ランチ を食べに 千代 さんにやって来ました。

朝飯食ってないしけっこう歩ったので 腹ぺこ です。



ここから入ったら

カウンター側にお回り下さいとのこと。

いったん表に出て

違う入り口から入店します。






0115千代1
山口県はふぐの漁獲量が日本一です。



せっかくなので ふぐ を食べようと

前日に ランチの予約 を入れました。


養殖モノですが、とらふぐ白子のコースです。






0115千代2
あまりの寒さに震えが止まらないですが、

ポン酒 が飲みたいですね。


冷酒 を頼みました。








0115千代4
山口県岩国市 旭酒造獺祭(だっさい)です。


新世紀エヴァンゲリオンで

葛城ミサトのダイニングに登場しましたね。

今や超有名で最も手に入りにくい日本酒でしょう。



あれから20年、獺祭 を初めて味わいます。





ほぉ〜

美味いです。


芳醇です。

雑味の微塵も感じられません。




やっぱ、うわさ通りの旨い酒です。







0115千代3
先付け が登場しました。


萩市見島牛のローストビーフや

ふぐヒレの煮こごり、

なまこ酢等々



手が込んでいますねぇ〜

ゆっくり味わって頂きましょう。






0115千代5
ご主人が仕事をしています。


俺のかな??






0115千代6
ふぐ刺しです。


LIVEで見るのは生まれて初めてです。







0115千代7
千代特製 ポン酢 が美味いです。

そのポン酢に付けて頂きましょう。




ほぉ〜〜


これがふぐ刺し、つかふぐの味ですかぁ〜


ものスゴいコリコリした食感です。

何回も噛まないと飲み込めません。


その間、最初はポン酢、そして

徐々にふぐ独特の柔らかい旨味が口の中に

広がります。


いつまでも噛み続けていたいそんな

味と食感です。






0115千代8
白子です。


外側は軽くあぶっています。

何となくお餅みたいですね。


濃厚なんですがアッサリとしていて

こちらも優しい旨味が広がります。






0115千代10
白子入りの茶碗蒸しです。


美味です。






0115千代11
とらふぐのお寿司です。


白身の淡泊なお味に

コリコリとした食感が特徴です。






0115千代12
ふぐの唐揚げです。


これも美味いですねぇ〜

ふぐってどんな料理にでも合うんですねぇ〜






0115千代13
お鍋が運ばれてきましたよ〜

ふぐちり?ですか?




あと乗せの白子と水菜を投入。


下にはたっぷりのお野菜と

ふぐが見え隠れします。






0115千代14
茹でたふぐは旨味が増しますねぇ。

旨い!!




個人的には同じ白身魚だったら

静岡で食べたクエ鍋のほうが好きですね。

クエは火を通してももっと

モッチリしています。






0115千代15
身体が温まったついでに

熱燗 をオーダーします。







0115千代16
出汁ですが・・・

なんだろ??

けっこう薄味です。






0115千代17
白子の美味さは

ハンパないです。


上品な旨味なんですよ〜







0115千代18
雑炊です。


言うことはないです。






0115千代20
デザート を食べて フィニッシュ です。


2時間を掛け

ゆっくりとしっかりと

ふぐと獺祭を味わう事が出来ました。


何と言う幸せでしょう。


今まで生きてきて良かったぁ〜!!




ラーメン15杯

約2カ月分の

高額ランチでしたが、

堪能出来ました。





ごちそうさまでした。 大満足しました。







HP:割烹 千代





スポンサーサイト

1月19日 木曜日

0119朝
おはようございます。


只今の気温は3℃

日中は陽も射して9℃と暖かくなりました。

しかし、週末にかけ暴風雪の予報が出ていますので

注意が必要です。





ところで・・・

「残業減で給与がアップ!「社員ファースト」の企業が話題」

と言うニュースが目に入りました。




とあるIT企業の相談役N氏が、残業が常態化していた同社を“ホワイト企業”へと導いたそうです。


具体的には、社員に残業しない日を申告させ、各デスクに「ノー残業」という札を掲げさせたり、

時間短縮のため、会議は原則1時間まで“立ったまま”行ったりする「残業半減運動」を実施。

残業を減らした分、社員に「スマートワーク・チャレンジ20」として賞与を上乗せ。


さらに会社が定める健康基準を満たせば「健康わくわくマイレージ」として

10万円を超えるボーナスを支給される社員もいた。


こうした取り組みにより、同社は残業の半減に成功したばかりでなく、

業績も増収増益を続けているそうだ。



ちなみにある社員は、

これまで金曜日は土日に仕事を持ちこさないように残業が当たり前で午前2時に帰宅していたというが、

週1日の“早帰りの日”を利用することによって、今では金曜日も午後5時に帰宅し一家だんらん。

また別の社員は、残業時間が平均月100時間から約19時間に減少したという。



D通等、過労死が騒がれている昨今、

ブラックからホワイトへと企業も

舵を取り始めているのはいいことです。


早く帰った分見返りがあるというのは

いいなぁ〜








FC2Ad