単身赴任みちのく日記

(当時)(^^ゞ 51歳 初めての単身赴任。赴任先は青森県三沢市。(みちのく編⇒遠州編⇒陸前編⇒出雲編⇒みちのく編に戻る)  お酒は好きだけど料理作りはまるでダメ。そんな男が無事家族の元に帰れる日は・・・果たして来るのだろうか??

一時帰郷 

0902茨城
只今の時間、午前7時10分


曇り空の中、

第3セクター青い森鉄道 三沢駅 にやって来ました。







0902茨城1
三沢駅は橋上駅でして

階段もしくはエレベータで昇降します。




上り方面を望みます。

正面の陸橋が半年間に出来た橋です。


右側の白い建物が6年前に廃線となった

十鉄(三沢市ー十和田市)の駅舎で

取り壊してロータリーを作るようです。








0902茨城2
7:29発に乗り

八戸駅 に向かいます。



5つ目が八戸駅です。

料金は570円なり。




けっこう学生さんが乗っています。

皆、スマホのイヤホンをし

試験勉強をしています。







0902茨城3
八戸駅 に到着しました。



ここで 東北新幹線 に乗り換えます。



上野駅着10:58

2時間47分間の車窓を楽しみましょ!!




と言ってみたものの


ホントはその前の新幹線に乗る予定が

一週間前の予約では満席、

その1本後も3列席の真ん中しか

空いてないとのこと。



連休後なのに

スゴい 乗車率 です。








0902茨城4
8:11発 はやぶさ10号 東京行きがやって来ました。

E5系ですね。



E5系は、最先端の技術を集結し、走行性能と信頼性、環境性能、

快適性のすべてを高いレベルで融合させた新世代の新幹線です。


2011年3月5日より、「はやぶさ」として当時の国内営業最高速度300km/hで運転を開始。

2013年3月16日からは、320km/hで運転しています。




E5系では、高速運転に伴う騒音を防止するために、

トンネル微気圧波を低減するロングノーズの先頭形状や

低騒音型パンタグラフ・パンタグラフ遮音板、台車フルカバー、吸音材パネル、全周ホロを採用しています。


また、高速運転時にも快適な乗り心地を提供するため、

左右の振動を低減するフルアクティブサスペンションや

カーブでの乗り心地を改善する車体傾斜装置を設けています。


エクステリアデザインは、ボディ上部をコーポレートカラーを意識した「ときわグリーン」、

ボディ下部を「飛雲ホワイト」とし、

その間に「つつじピンク」の帯を配して先進性とスピード感を表現したものとなっています。

また、個性的なロングノーズは、環境性能を考慮した形状となっています。







0902茨城5
インテリアデザインは、「ゆとり」「やさしさ」「あなたの」の3つのキーワードをもとに

「Exclusive Dream-特別な旅のひとときをあなたに」をデザインコンセプトとして、

上質な空間を演出しています。



大きな特徴として、E5系では、特別なゆとりとおもてなしを提供する

新たなグレード「グランクラス」を10号車に設けています。



木質とメタリックな色合いを組み合わせた室内に、

※本革シートやウールの絨毯などの上質な素材を採用した居心地のよい空間となっており、

リクライニング角度45度のオール電動式シートにより最適なポジションでゆったり過ごすことができます。








0902茨城6
上野駅8番ホームで

11:30発の ときわ59号 がやって来ました。



三沢駅が18℃でしたが、

上野駅はそれより低い17℃です。

肌寒いです。








0902茨城7
シックなインテリアのE657系

常磐線 のすべての特急列車が本系列で運転されています。







0902茨城8
上野駅から勝田駅までの

1時間22分を

今度こそ 車窓 を楽しみましょう。







0902茨城9
水戸駅の手前、

千波湖&偕楽園 では

青空も見えて来ましたよ。






0902茨城10
12:52に 勝田駅 に到着しました。


改札口ひめ様とよめ がお出迎えです。






0902茨城11
1泊2日ですが、

とある目的があるので

少しも遊べません。


そこらへんは、ひめ様 もよく分かってくれているようです。









スポンサーサイト

FC2Ad