単身赴任みちのく日記

(当時)(^^ゞ 51歳 初めての単身赴任。赴任先は青森県三沢市。(みちのく編⇒遠州編⇒陸前編⇒出雲編⇒みちのく編に戻る)             お酒は好きだけど料理作りはまるでダメ。そんな男が無事家族の元に帰れる日は・・・果たして来るのだろうか??

本田宗一郎ものづくり伝承館@浜松市天竜区

0111本田
浜松市天竜区に来たので

また、本田宗一郎ものづくり伝承館 に寄ってみました。




この町は、本田さんの故郷でもあり

旧二俣役場をNPO法人が管理運営しています。






0111本田1
ホンダC型です。


1949年(昭和24年)に

自社で設計・開発した

ホンダ初のモーターバイクです。


自転車の補助にエンジンが乗っているやつですね。


空冷2サイクル 96cc

3馬力で最高速度は50kmです。


このモデルは、東京で行われた日米オートバイレースに

浜松からたった1台出場し見事クラス優勝しました。






0111本田5
ホンダカブF型です。

1952年(昭和27年)製


こちらも補助エンジンです。

エンジンが車体後方に取り付けられて

オイルやガソリンの汚れを防ぐデザインとなっています。


空冷2サイクル 50cc

1馬力で最高速度は35Kmです。


半年で2万5千台も発売されたそうです。






0111本田3
お馴染みのスーパーカブになって来ました。

ホンダスーパーカブC100 1958年(昭和33年)

エンジンが4サイクルになりました。


宗一郎さんは構造が複雑だけど

燃費の良い4サイクルにこだわりを持っていましたね。


ところで、皆さんは スーパーカブ

カブ ってどういう意味か知っていました??



Wikipediaによると、

元々「カブ」は1952年(昭和27年)から1958年(昭和33年)まで生産された

自転車補助エンジンキットに採用された商標である。

英語で熊など猛獣の子供を意味する「cub」に由来し、

小排気量ながらパワフルなことをアピールした。



現在「カブ」の呼称は、1958年(昭和33年)から生産開始された

セミスクータ型のモペッドであるC100型以降のシリーズ名

「スーパーカブ」を略した通称として定着している。

だそうです。


つまり、自転車にエンジンを乗せたのが「カブ」で

オートバイになってからが「スーパーカブ」だそうです。




また、本シリーズの累計生産台数は2014年3月時点で8,700万台以上に達し、

輸送用機器の1シリーズとしては世界最多量産・販売台数を記録しています。






0111本田7
ホンダモンキーですね。


1961年(昭和36年)の東京モーターショーにおいて発表されたということで

自分と同じ歳ですね!!


現在も販売されているという

ロングセラーバイクです。






DSC01235.jpg
ホンダドリーム CB72 スーパースポーツ 1960年(昭和35年)製です。

ワークス直系の市販レーサーCR71のポテンシャルを

受け継いだスポーツモデルです。


空冷4サイクル 直列2気筒OHC 247cc

最高出力24馬力、最高速度は155kmです。




0111本田9
ヤマハとスズキの旧車も展示してありました。


これはヤマハスポーツ250S YDS-1 1959年(昭和34年)製です。


空冷2サイクル 2気筒 246cc

最高出力 20PS 最高速度は140kmです。





0111本田11
スズキ250 T20 1965年(昭和40年)製です。


初のアルミシリンダーだそうで、


空冷2サイクル 2気筒 247cc

最高出力 25馬力 最高速度 160Kmです。






0111本田14
この施設の1階には、初期のバイクの展示の他、

本田宗一郎氏の軌跡をたどる年譜をはじめ、

写真、映像、関係者の談話のほか遺品なども展示されています。



2階は関連図書の閲覧や「ものづくり の楽しさ」を伝えるワークショップ、

特別展などのイベント空間となっています。

NHKの「プロジェクトX」のムービーなども

放映されていました。



その一角に・・・

これは本田さんの絵筆が展示されていました。





0111本田15
直筆の絵画も何点か飾ってありましたが、

どれも非常に上手いです。


やっぱアーティストなんですね。






0111本田13
今は無きアイルトン・セナです。


セナは宗一郎さんと初めて会ったとき、

あまりの感動で涙したとか。






本田宗一郎ものづくり伝承館のHPはこちら↓

http://www.honda-densyokan.com





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aclub201207.blog.fc2.com/tb.php/1731-d2415bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad