単身赴任みちのく日記

(当時)(^^ゞ 51歳 初めての単身赴任。赴任先は青森県三沢市。(みちのく編⇒遠州編⇒陸前編⇒出雲編⇒みちのく編に戻る)  お酒は好きだけど料理作りはまるでダメ。そんな男が無事家族の元に帰れる日は・・・果たして来るのだろうか??

劇場版 MOZU@TOHOシネマズ ひたちなか 

1117映画
よめの顔面の腫れと微熱は

続いていますが、


かといって、

自宅でぼーっとしてても

しょうがないので、

映画 に誘ってみました。











1117映画1
劇場版 MOZUです。



TBSとWOWOWのコラボで

以前、BSで放映されましたね。










1117映画2
解説

逢坂剛のベストセラー小説を基にしたテレビドラマの劇場版。

二つの規模の大きな同時テロの捜査にあたる公安警察官の倉木が、

事件の背後に存在する謎の人物、ダルマと対峙(たいじ)する。

監督に羽住英一郎、キャストには西島秀俊、香川照之、真木よう子と、テレビ版のメンバーが結集。

さらにビートたけし、伊勢谷友介、松坂桃李らが新たに加わって物語を盛り上げる。

ダルマにふんしたビートたけしの怪演に加え、

フィリピンでのロケを敢行して撮られたカーアクションや爆破シーンも見どころ。








1117映画3
妻子の死をめぐる謎を追い、

その果てに警察内部に存在する闇を暴いた公安警察官の倉木(西島秀俊)。

それから半年、ペナム大使館襲撃と高層ビル占拠爆破というテロが同時に勃発。

これらの事件は、犯罪プランナーの高柳(伊勢谷友介)と

暗殺のプロフェッショナルである権藤(松坂桃李)が率いるグループによるものだった。

彼らは、戦後犯罪史に残る組織的犯罪や経済事件に関与しているとうわさされる人物、

ダルマ(ビートたけし)の名のもとに、さらなる規模の計画を進めており……。







1117映画4
ハリウッド映画のように

善悪がハッキリとしたそして

ダメだしの連続のと違って、


難解でいくつものストーリが絡み合っている、

いい映画です!!



アクションシーンも熱いです。

血だらけの死闘。

敵も味方も中々死なない・・・ (^^ゞ

ストーリー






1117映画5
西島秀俊さん がとにかくカッコイイ!!

まさにハードボイルド小説の主人公です。


脇役の 香川照之さん をはじめ

豪華俳優陣の演技も見所です。


あと、鈴木京香さんと噂?になった

長谷川博己さん の狂気沙汰も

いいですねぇ〜!!



TV版を見た人は映画館に足を運ぶべし。







1117映画6
↑この写真見れてますか??


たまに見えなくなるんです。(怖)

内容が内容だけに・・・




↓なので再度アップしてみました。
1117映画6
先日、

ひめ様も握った右手。


自分も勇気を出して握ってみました。

かすかに握り返したような・・・ (怖)









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aclub201207.blog.fc2.com/tb.php/2266-c0034729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad