単身赴任みちのく日記

(当時)(^^ゞ 51歳 初めての単身赴任。赴任先は青森県三沢市。(みちのく編⇒遠州編⇒陸前編⇒出雲編⇒みちのく編に戻る)             お酒は好きだけど料理作りはまるでダメ。そんな男が無事家族の元に帰れる日は・・・果たして来るのだろうか??

八重樫神社@松江市 

1119八重垣神社
松江駅 から南に5〜6kmぐらいでしょうか。

たま〜に坂があったりで

ヒィヒィ言いながらやって来ました。



恋愛成就最強パワースポット と言われている

八重垣神社(やえがきじんじゃ)です。




この神社は、スサノオノミコトイナタヒメノミコト夫婦 がご祭神で、

夫婦円満良縁結び にご利益があると言われています。




スサノオノミコト は日本神話に登場する神様ですね。







1119八重垣神社1
この ふたりの神様 は日本で初めて正式に 夫婦 となったとされ、

この地は、結婚式発祥の地 とも言われています。



神社の奥には イナタヒメノミコト が姿見として使っていた「鏡の池」があり、

硬貨を載せた和紙を池に浮かべ、

和紙が沈む速さと距離で良縁を占えます。








1119八重垣神社2
当日は、雨が降ったり晴れたりと

目まぐるしく変わるお天気、


このシーンも何回か取ってみて

晴れバージョン を掲載しました。








1119八重垣神社3
日本の有名な神話「八岐大蛇(やまたのおろち)」はご存じですか? 


そう、生け贄を食らい人々を困らせていた8つの頭と8つの尾を持つ巨大な大蛇を

スサノオノミコト が退治するという、あのお話です。







1119八重垣神社4
【八岐大蛇のあらすじ】

高天原から出雲国の肥の川(斐伊川)の上流に降り立った スサノオノミコト は、

嘆き悲しんでいる老夫婦に出会いました。


この老夫婦は脚摩乳(あしなづち)と手摩乳(てなづち)という神様で、

8人の娘がいましたが、

毎年やって来る大蛇に娘を次々に食べられ、

今年はついに末娘、イナタヒメノミコト の番に。



そこで スサノオノミコト は、

イナタヒメノミコト をもらい受けることを条件に大蛇退治を請け負いました。








1119八重垣神社5
スサノオノミコト は、

まず佐草にある「佐久佐女の森(さくさめのもり)」の大杉を中心に 八重垣 を造って、

イナタヒメノミコト の身を隠しました。


そして次に用意したのは、

強い酒 が入った 8つの桶








1119八重垣神社6
大蛇は、スサノオノミコト の作戦どおり

8つの頭をそれぞれの桶に突っ込んで酒をあおり、

酔っぱらってその場で眠ってしまいました。


スサノオノミコト はすかさず剣を抜き、

大蛇をズタズタに切り裂いて見事に退治成功! 

老夫婦との約束を果たしたので、

スサノオノミコトイナタヒメノミコト はめでたく 夫婦 となったのでした。



めでたしめでたし。。。






1119八重垣神社7
いい感じに色付いて来ましたね。






1119八重垣神社8
検索エンジンで 松江市 神社 を入力すると

一番上に来る神社です。



まさしく一番人気の縁結びスポットです。


そんなに大きくない神社ですが、

参拝客が多かったと思いました。






1119八重垣神社9
夫婦椿(めおとツバキ)です。


春になったらまた訪れたいですね。






1119八重垣神社10
夫婦杉(めおとスギ)です。

5月には親幸行列が行われるそうです。







1119八重垣神社11
最後に「鏡の池」にやって来ました。



この池は、イナタヒメノミコトスサノオノミコト に勧められ、

この社でヤマタノオロチから身を隠している間、

鏡代わりに姿を映したと伝えられるもので、

良縁占い(銭占い)が行われています。



社務所で売られている薄い半紙の中央に、

小銭を乗せて池に浮かべると、

お告げの文字が浮かぶという手法です。


紙が遠くの方へ流れていけば、

遠くの人と縁があり、早く沈めば、早く縁づくといわれます。


このため、軽い1円玉を使うのを避け、

10円もしくは100円で占いを行うようです。


今回は、小銭の持ち合わせが無く

万券を浮かべようとしましたが

下品なので止めました。(ウソです。)





HP:八重垣神社








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aclub201207.blog.fc2.com/tb.php/2890-14d46b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad