単身赴任みちのく日記

(当時)(^^ゞ 51歳 初めての単身赴任。赴任先は青森県三沢市。(みちのく編⇒遠州編⇒陸前編⇒出雲編⇒みちのく編に戻る)             お酒は好きだけど料理作りはまるでダメ。そんな男が無事家族の元に帰れる日は・・・果たして来るのだろうか??

本田宗一郎ものづくり伝承館@浜松市天竜区

0331本田
浜松市 には車やバイクのメーカーや工場が数多くあるのは皆さんご存じだと思います。

その中でも ホンダ 、メーカーとしても後発だそうです。

町工場のオヤジの 原点 がこの町ありました。




0331本田1
浜松市天竜区(旧天竜市)、ここに生を発した 本田宗一郎氏 は世界有数のメーカーと

なっていきます。

今朝方、取材先をリサーチしている中で、 本田宗一郎ものづくり伝承館 なるものを発見しました。

ここは、旧天竜市庁舎跡に設けられた本田さんの 軌跡 の一部が納められています。




0331本田2
玄関に入ると、本田さんが出迎えてくれました。

この人、根っからの職人というか、設計者なんですねぇ〜

そして藤沢 武夫氏。本田宗一郎をサポートしHONDAを世界的企業にした立役者です。

この人がいたからこそのHONDAなんですよね。




0331本田8
モンキーです。

俺らの先輩や友達も乗っていました。

当時モンキー改もけっこう走っていたなぁ〜と思い出しました。




0331本田3
ドリーム50、1997製です。

DOHCの49cc  前後ディスクブレーキですよ!!




0331本田4
リトルホンダ 1969年製です。

本田さんは、エンジニアとしてエンジン関係を設計していたそうなのですが、

実は デザイン にもこだわっていたそうで、当時としてはおしゃれなデザインそして赤と白の

カラーリングは本田さんの思考だそうです。




0331本田5
こちらの カブ も素敵なカラーリングですねぇ〜!!




0331本田6
現代のスーパーカブの原点に近いC105です。

1961年製、自分と同い年です。(爆)




0331本田7
これは、スゴイですよ〜〜  (1949年 昭和24年)

戦後、間もない物資のない状況で作られたものです。

ホンダC型と呼ばれる自転車補助っぽいバイクには96ccのエンジンが搭載され

この、展示車も動くそうです。

ちなみに自分の会社も100年前のモーターが未だに動いていいます。




0331本田10
レストアされキレイになっています。

磨いてくれているおっさんがいました。

このバイクのタンクには例のホンダドリームのステッカー跡があります。

女性の髪がなびいてる   そんなモチーフのデザインだそうです。

(これは初耳、うれしく思いました。)




0331本田9
こちらはチャリにエンジンを付けた物です。


いやぁ〜、訪れて見て良かったです。

本田さんの一途なものづくり、困難を乗り越えてのチャレンジ精神。

2階ではNHKのプロジェクトXを流していて、思わず見入ってしまいました。



地図はこちら↓






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aclub201207.blog.fc2.com/tb.php/575-a5925fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad